« とらんぽ | トップページ | とらんぽ3 »

2012/09/09

とらんぽ2

昨日の積み込みテストで
「前席の間に前タイヤを落とせばリアゲートは閉まる」
ということが分かったので、今日はその課題解消のための
作業を行いました。

荷室と前席の間はフラットではないです。
そのため、そのスペースにフロントタイヤを落としてしまうと
降ろすために甚大な体力を消耗することになります。
であれば、隙間に落とさずに荷室とフラットにすれば問題は
解決するわけです。

そこで、こんなものを作製してみました。

P1040902_2




矢崎のイレクタを使って組んでみました。

これをこの様に前席の間に設置します。

P1040904_2

で、後席をバッタンと倒すとこうなります。

P1040905

荷室の床面と面一のスペースの誕生です。
ここにKLX125のフロントタイヤを落とし込めば
リアゲートを閉められるようになる「はず」です。
また、タイヤを若干落とし込むため、
簡易なスタンドとしても機能する(予定)です。

今日はKLX110Lを引き上げる予定もあったので
ここで作業を終了しているため、実際に収まるかの検証は
また後日行います。

これでKLX125をきっちり収められれば
高速を使わないと行けないような道でも
KLX125で走ることができますw

後席を全て倒しているので、キャンプ道具も積めますw
楽しみ方が広がりますね〜

但し、車に乗っていってしまうので
家の方が困る可能性も発生するわけで…

予定の調整は相変わらず残ってしまうのですね…(苦笑

 

|

« とらんぽ | トップページ | とらんぽ3 »

KLX125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とらんぽ | トップページ | とらんぽ3 »