« ショップツーリング [ツーリング] | トップページ | PC周辺アイテム [パソコン] »

2009/01/20

Office2003 と ATOK [パソコン覚え書き]

会社のPCにJUST Suite 2007をインストール後、
Word と Excel で日本語入力すると変換中の文字列が
黒で塗りつぶされてしまい表示されなくなってしまった。
変換候補ウィンドウが開けば、まぁ変換の判断には困らないわけだが、
一回で変換できている場合は二度手間、三度手間なわけで。。。

ググってみると。。。
どうやらサービスパック3で発生している不具合の模様。
Justsystemのサポートページに詳細あり、と。
MS-IMEもしくはMS-Wordの設定変更で回避可能、と。
Microsoftから修正パッチも出ているとのこと。
(ただパッチを手に入れるのにメアドを入力する必要あり)

覚え書きとして、設定変更で回避する場合の手順を書いておく。

[Wordの設定変更で不具合回避の手順]
1.Officeアプリを全て終了する
2.Wordを起動する
3.ツール → オプション → ”編集と日本語入力”タブをクリック
4.”変換中の文字列の色”をクリック
Ws000034 Ws000037












5.”設定” を ”ATOK” から ”Microsoft IME” に変更して、”OK” をクリック
 オプションウィンドウも ”OK” をクリックして閉じる



[Microsoft IMEの設定変更で不具合回避の手順]

1.コントロールパネル → 日付、時刻、地域と言語のオプション
  → 地域と言語のオプション
2.”Microsoft IME Standard 2003”を選択、”プロパティ”をクリック
Ws000039_2











3.”詳細”をクリック、”色設定”を”ATOK”から”Microsoft IME”に変更
Ws000040Ws000038











”OK” ”OK” ”OK” でウィンドウを閉じて終了。

これでWord、Excelで変換文字列が黒で塗りつぶされなくなった。
どちらか一方を設定すればいいようだ(他方に反映される)。

|

« ショップツーリング [ツーリング] | トップページ | PC周辺アイテム [パソコン] »

パソコン」カテゴリの記事