« 静かだ… | トップページ | 2009 あけましておめでとうございます [ご挨拶] »

2008/12/31

DLACTRLW.exe [パソコン]

今年は異例で、12/31の今日まで出勤でした。
行きも帰りも電車空いてて最高でしたよ(強がり)!

さて、最後の最後でPCでトラぶりました。
元上司が年始に家で勉強したいということで、
Microsoft謹製VisualStudio2008StandardEditionをインストールしようとしました。
ところが、AutoRunでインストーラが起動せず、
さらにPCまでフリーズしてしまったとのこと。
PCを強制終了させ、常駐プログラムを終了させて
DVDを挿入したそうですが、起動しなかったそうな。
何度かトライしたようですが、駄目だったそうで
私にSOSが発信されました。

私も一通り同じ手順を試してみましたが、確かにフリーズしてしまいます。
セーフモードで試してみましたが、今度はインストーラの一部プログラムが
起動しなくて、インストールが出来ませんでした。

何度か繰り返しながら他のPCで試してみたところ、
どうやら一部の特定機種のみ駄目なことがわかりました。

そこまで分かればディスクやOSの問題でないことはわかったも同然です。

そんなタイミングで気づいたのが、
強制終了時に毎度同じプログラムが応答しなくなっていること。

それが、記事タイトルの
「DLACTRLW.exe」というプログラムでした。
ググッてみると、もろにビンゴに今回のトラブルにあたりました。

この「DLACTRLW.exe」というプログラムは
DVD-R/CD-Rに書き込みをするためのプログラムのよう。
これがどうもオートランを阻害しているらしい。
阻害するだけならまだしもExplorerもフリーズさせてしまうらしい。
で、すべてのディスクで起きるならまだしも、実際にはそんなことはないらしい(--;)

実際、オートランで起動できない特定のPCと
起動するPCを「システム構成ユーティリティ」で比較してみると
起動できないPCのスタートアップには
「DLACTRLW.exe」が登録されていて、
起動できるPCのスタートアップには同プログラムは登録されていませんでした。
原因は特定されたも同然です。
早速スタートアップのチェックを外し、PCを再起動して
VisualStudio2008のディスクを挿入してみると、
無事起動しました~。(◎´∀`)ノ

いやー、PC(を弄り回すこと)に心得がない人では
まず解決に辿り着けないトラブルのひとつじゃないですかねぇ・・・
危うくMSとLenovoにたらい回しにされるところでした。

取り合えず気分良く正月を迎えられます。

さて、これで今年2008年は最後の記事になります。
ご訪問頂いている方、実際お話をした方、諸々。。。
今年もお世話になりました。
拙いブログですが、また来年もお付き合い下さいませ。
また、縁あってリアルにお会いしている方々、
メール等でやり取りをしている方々、
また来年もよろしくお願いいたします。 o(_ _)oペコッ

あと1時間で2008年が終わり、2009年となります。
それでは良い正月をお迎え下さいませ。

小生は今から新年のミサに参加してきます~(眠)





|

« 静かだ… | トップページ | 2009 あけましておめでとうございます [ご挨拶] »