« ETCアンテナ | トップページ | GPSログ »

2007/08/20

MioC323使用レポ

さて、MioC323を使ってみました。




ERへの取り付けは
↓の様になります。
P8190162_rsz
サインハウス
タンクキャップステーを
使っています。
P350のときに導入しましたが、
正直止めようかと思っていました。

何故なら、



「振動が大きくて画面が見えない」からです。

ところが、C323だとぶれて見えない、ということはありません
どうやらP350の重量と縦型故、慣性モーメントが大きかったんでしょうね(^^;)

さて、今日試用してみたインプレを書いてみます。

[良いところ]
●P350より重量が軽い→ステーのぶれが少ない
●横型故、置き場の自由度が高い→メーターがよく見える
●P350やC310と同じMioMapを名乗っているがナビソフトは別物
DrivTraxP5と中身はほぼ同じ(アイコンの違い程度)と
 カーナビに「かなり」近いインターフェースを持っている
●カーナビに近いインターフェース故、カーナビとほぼ同じ操作感
●P350のMioMapと比べ、操作用アイコンが大きいため
 指タッチでの操作が容易
●画面のスクロールが指ドラッグでOK
 →P350のMioMapはタッチしたところに移動するしか出来ない
●P350に比べるとスピーカーの音量が大きい
 →走行中でも聞こえる(アラームがなったことは最低でも分かる)

[悪いところ]
●検索機能が使いにくい
 →名前検索はひらがなOnly、公共機関くらいしか検索できない
●地点登録がやりにくい
 →P350の手書き入力や仮名キーボードが「是非」欲しい
●ルート検索時、経由地を先に設定できない
 →目的地を設定した後に地点を追加すると「目的地」or「経由地」を
   選択できるようになる
●ナビルートを外れたときのリルートがとても遅い
 →リルートを自動にしていると結構な距離を走るまでリルートしない。
   しかももとのルートに戻そうとする(ま、これは廉価版のナビはみんなそんな感じだが)
 →手動にしておくと「ルートを外れた」旨のアナウンスは比較的早く出る
●画面が暗い
 →最大輝度にしていても↓のような感じ
P8190164_rsz

←はライダー目線







P8190165_rsz


←はデバイス正面






*何れも本日(8/19)14時頃撮影

P350はそれでもそれなりに見えたんですけどねぇ。。。
比較用に写真を撮れないのが残念。。。。(壊れたから買った故。。)
まぁ音声ガイダンスが取り敢えず聞こえるので何とかなりますか、ね。。。

●GPSログは採れない
 →軌跡ログは採れるので何とかならんか、と思いますが、
  そういうプログラムを走らせるのは無理そう。
●カスタマイズはほとんどできない
 →Windows Mobile 5.0がベースの様ですが、
  PDAみたいなものではないのでカスタマイズ等の自由度はほとんど
  なさそうです。
 どこかの人柱さんがWinCE化を成し遂げれば話は違いますが。。。。

取り敢えずはこんなところです。
使用した上での追加レポは順次行っていきます(^-^)


|

« ETCアンテナ | トップページ | GPSログ »

バイクのナビ」カテゴリの記事